株式会社イーグリッド Ruby on Railsソフトウェア開発・ラボ型ニアショア開発(リモート開発)・アジャイル開発・デジタルマーケティング

2024.01.14

【タイでの実証研究が、 NEDOの「脱炭素化・エネルギー転換に資する我が国技術の国際実証事業」2023年度下期ステージゲート審査にて採択】

電動バイクドライバーの運転傾向の改善により消費エネルギー効率の最大化を図り、CO2排出量の低減を目指す

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が、2023年12月18日に発表した「脱炭素化・エネルギー転換に資する我が国技術の国際実証事業」(以下、国際実証事業)のステージゲート審査にて採択されたことをお知らせいたします。

 「電動バイクドライバーの運転時行動解析による消費エネルギーの効率化と安全運転の促進実証研究」と題した提案が、2023年度下期ステージゲート審査で採択されました。
 イーグリッドは、MaaS事業としてテレマティクスサービスを展開しており、これまで積み上げてきた技術をベースに、電動バイクドライバーの運転時行動解析及び運転行動改善を促す技術を提供し、新たなサービスとして展開していくことを目指します。

実証研究概要

・GPS +速度センサー+加速度センサーを搭載した車載器とEVバッテリーを連携し、 テレマティクスシステムとして「運転傾向に応じたエネルギー量」を計測及び解析
・運転傾向改善を促すための情報(最適な速度や加速度を提案)として利用者へ通知
・最適なルートの算出、運用の検証、ビジネスモデルの検証

 タイ政府は、2050年に「カーボンニュートラル」、2065年までに「ネット・ゼロ・エミッション」の達成を目指す中で電動自動車・バイクの振興策に積極的今後、電動バイクの急激な普及が見込まれる一方で、一層の電力需給の逼迫も懸念される。その中で、2040年時点で、タイ国内での電動バイクの生産台数は約2,300万台、利用台数は約1860万台に達すると予想されています。このため電力消費を低減する技術が必要とされています。

 NEDOは、S+3E(安全性、安定供給、経済性、環境適合)の実現に資する我が国の先進的技術の海外実証を通じて、実証技術の普及を図ります。さらに、制度的に先行している海外のエネルギー市場での実証を通じて、日本への成果の還元を目指しています。これらの取組を通じて、我が国のエネルギー関連産業の普及展開、国内外のエネルギー転換・脱炭素化、我が国のエネルギーセキュリティに貢献します。国際実証事業は、〔1〕実証要件適合性等調査、〔2〕実証前調査、〔3〕実証研究、〔4〕フォローアップにより構成されており、今回の提案は、〔2〕実証前調査、〔3〕実証研究のフェーズへと進みます。

国際実証事業紹介サイト:https://www.nedo.go.jp/activities/AT1_00175.html

CATEGORY

お知らせ

インタビュー

プレスリリース

リクルート

レポート

WORKS

top